賃貸物件における騒音を考える

賃貸物件を借りるにあたって気になるのは騒音問題です。特にマンションやアパートなどの集合住宅の場合には、隣室との間での騒音問題は、大きなトラブルにも発展しかねず、とても大事な点です。よく、マンションの方が遮音性が高いとは言われますが、例えば重低音のようなものはむしろ、鉄筋コンクリートの方が伝わりやすく、むしろ増幅されるといっても良いでしょう。さらに高層マンションの場合には、上層階の壁の厚さを押さえていたり、乾式の建材で仕切っているために遮音性が不十分となっているケースもあります。また、意外と水回りの関係での音という点も気をつけるべきでしょう。集合住宅の場合、工事の順番上、水回りは後付けのような形で施工されることが多く、それが排水音などの原因になることがあります。特に、生活の時間が世帯によって大きく異なる場合には、入浴後の排水音すら気になると言う場合もあります。いずれにせよ、集合住宅の賃貸物件を借りるにあたっては、ある程度の覚悟は必要になると思われます。

Copyright© 賃貸 騒音 All Rights Reserved.